​新型コロナ感染拡大防止対応に今後もご注意下さい

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、4月15日付けで以下の対応を決定いたしました:

  • 7月中開催予定であった第1回、第2回の講座は中止

  • 現時点(2020.4.15)では9月12日の第3回講座以降は実施の予定

  • 受講料は、6000円に変更する

  • ​すでにお申し込み済みの皆様には、個別に随時ご連絡いたします

​お申し込みは以下のボタンをクリックして、受講申し込みサイトにお進み下さい。(4月1日9:00から受付サイトが開きます)

受講申し込みサイトで​必要事項をご記入の上、一番最後にある送信ボタンを1回クリックしてください。「お申し込みが完了しました」のメッセージが表示されればお手続きは無事完了しています.

 

開講の1週間前までに、事務局より詳細についてのご案内など、開講に関する書類を郵送させていただきます. 

受講に関するご質問やお問い合わせは、こちらで受付ております.  

★受講申し込みボタンをクリックしても、申し込みサイトに飛ばないというご連絡をいただいているケースもあります. ほとんどの方が問題なくご登録下さっていますが、もしトラブルが生じましたら、メールにて、お名前、ご住所、電話番号を明記し、件名を「木の家スクール申し込み」として以下までお申し込み下さい。

​fujioka@nitech.ac.jp

木の家スクール名古屋 運営委員会

名古屋工業大学 社会工学科

建築・デザイン分野 藤岡研究室

名古屋市昭和区御器所町

名古屋工業大学4号館432

TEL 052-735-5182 (FAX 無し)

2020年ユネスコ無形文化遺産登録候補に決定!!

日本の気候風土の中で生まれ、原風景をなす「和の建築」。それは「伝統構法」とよばれる職人技術で造られています。自然素材を扱い、かかわる人々とその育成までを含む、この総合的な技術は、美しい風景と豊かな日本文化を育んできました。それは過去の技術ではなく、持続可能な社会を創り出す力を秘めています。この「伝統構法」の未来を今、つくるために、私たちはユネスコ無形文化遺産への登録をめざして運動を進めてきました。その成果が実り、2018年2月7日、文化審議会無形文化遺産部会において「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」がユネスコの無形文化遺産に提案されることが決定しました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now